Sidebar
Menu
Baptist Church in Kawasaki  Our Blog

Activities, Inspiration, Rambling Notes from Staff

Also take a look at our Facebook page!

Taro/Miyako Work 被災地支援

(Scroll down for English)

9/17-19の二泊三日で、田園グレースチャペルから、3名のメンバーが被災地支援に出かけました。今回は、栃木県の教会メンバーの女性も1人、現地で合流し、チームとしては4名で支援活動を行ないました。場所は、岩手県の宮古/田老地区。以前にも、支援に伺った場所です。この支援は、宮古コミュニティー教会と、311ネットワーク、そして田園グレースチャペルの協力で行ないました。

仮設住宅に住む皆さんに、カフェでくつろぐ時間を持っていただけるといいなということで、今回も「モバイル・カフェ」を行ないました。69の仮設住宅に、多くの方々が住んでいます。チームメンバーは、2つの仮説住宅地で活動しました。

現地に到着し、まずは仮設住宅を訪問して、教会メンバーが準備した小さなプレゼントとみことばと祈りの書いてあるカードをお渡しし、モバイル・カフェのお誘いをしました。そしてサンドイッチやポテトチップスなどの軽食、アイスコーヒー、かき氷、おやつなどを準備しました。また、来てくださった方々とお話しすることも、大事な支援活動の一つ。皆さんのお話に耳を傾け、いろいろなお話を聞いてきました。

今回のモバイル・カフェのハイライトは、イギリスからボランティアで来られた、ハープ奏者のキャサリンさん。美しいハープの演奏は、聴く人々の心に感動を与えました。又キャサリンさんは、日本の歌も勉強し、「ふるさと」や「北国の春」など、みんなで歌える曲の伴奏もしてくださったので、一緒に歌うことができてさらに感動が増しました。そして、有名な讃美歌「アメージング・グレース」や「いつくしみ深き」なども一緒に歌い、心あたたまるひとときとなりました。

モバイル・カフェに参加してくださった皆さんは、とても楽しそうにして、チームの準備した軽食やコーヒー、交わり、ハープの演奏と歌を喜んでくださいました。まだまだ先が見えず、不安や心配、そして痛みの多い被災地での生活が続きますが、チームの訪問とちょっとした支援を通し、イエス様の愛と恵み、また励ましを感じることができたことを祈ります。これからも、教会として被災地の方々を覚え、祈り続け、神様が示してくださる私たちにできる支援をし、共に神様の愛と恵みをいただくことができるように祈っていきましょう。

Three of us from Denen Grace Chapel joined others from Ooyama Christ Church and local staff for three days of relief work in Miyako and Taro in Iwate prefecture (9/17~9/19). We worked under the ministry of Miyako Community Church and the 311 Network.

Once again, our focus was providing "mobile cafes" in the temporary housing areas. There are 69 locations of temporary housing with thousands still living in these places. We visited two locations during our time there.

When we arrived at the temporary housing location, we set up our cafe in the community room. Then, going door to door, we invited the residents to come and distributed some snacks or small gifts. We prepared a light meal that was waiting for them in the cafe: sandwiches, corn and potatoes. We served ice coffee and, as a special treat, shaved ice. When we weren't serving, we sat with the residents and listened and chatted with them.

We had a bit of a music program as well. This time we were joined by a talented harpist from Britain, who performed several folk songs as residents sang along. We also led them in some familiar hymns: "Amazing Grace" and "What a Friend We Have in Jesus."

Many of the residents really enjoyed this time of eating, talking and singing together. Their circumstances continue to be a challenge to them, but we pray that we were able to demonstrate the love of Christ.
Comments
Denen Blog
    ⇒ これより過去のポストを見る...