Sidebar
Menu
Baptist Church in Kawasaki  Our Blog

Activities, Inspiration, Rambling Notes from Staff

Also take a look at our Facebook page!

Easter 2012 イースター

Happy Easter!

教会で、またクリスチャン同士で、復活祭には「イースターおめでとう!」とあいさつをします。何がおめでたいのでしょう?もちろんその名の通り、金曜日に十字架の上で私達の罪の身代わりとなって死んでくださったイエス様が、復活祭(イースター)の日曜日に墓からよみがえり、救いのみわざをなしとげてくださったからです。教会と言えば「クリスマス」の印象が強い感じですが、「イースター」こそ、私達の信仰の基となるできごとであり、「イースター」があるから、私達を罪から救う救い主となる為、人間の赤ちゃんとなって生まれてくださったイエス様のお誕生日をお祝いする「クリスマス」が、なおさら嬉しく感謝な時となるのです。

さて、今年のイースターは、教会設立10周年記念のお祝いも重なり、田園グレースチャペルにとっては本当に記念すべき時となりました。そして、震災から丸1年たったということもあり、ゴスペル・アーティストの「ジョン・ルーカス・バレット」さんをお迎えして「イースター・チャリティー・コンサート」を行なうことにしました。

ジョンさんは、午前中のイースター礼拝から来てくださって、礼拝の中でも特別賛美をしてくださいました。「Because He lives」(日本名:「主は今生きておられる」)イエス様がよみがえってくださったから、私達は生きていくことができる。そして将来を希望をもって待ち望むことができる。明日も生きよう。主がおられるから。…すばらしい歌声と、救い主イエス様への信仰によって歌われたこの賛美は、本当に聴く者に「アーメン!(その通りです!)」と信仰を奮い立たせ、神様への信頼と主にある希望へと導いてくださいました。

午後からのコンサートも大にぎわい♪たくさんの方が集まってくださり、大盛会となりました。その中で、ジョンさんの信仰の話、被災地での活動などなど、興味深く感動的なお話と、すばらしい歌声、またみんなと一緒に歌うプログラムなど盛りだくさんで、参加された方々は皆さん声をそろえて「とっても良かった」「楽しかった」「すばらしかった!」と大感激のご様子。そしてジョンさんの輝く笑顔、優しく親しみやすいお人柄から、イエス様への深い信仰と感謝を感じとられたことでしょう。


ところでイースターには毎年、「イースターこども会」が行なわれています。今年はちょっと趣を変え、ジョンさんのコンサートの時と平行して、いつもの年よりは小規模に、でも楽しさいっぱいの「子どもプログラム」を行ないました。

今年のメダマは「イースター・エッグ・ラッピング」!ゆで卵にイースターの絵が描いてあるラッピングをかぶせて、沸騰直後のお湯につけると、あら不思議!ピタッと卵に巻き付いて、すてきなイースター・エッグのできあがり。いつものように、プログラムの中で作った工作と一緒に家に持ち帰ってもらいました。

イースターのお話(絵本)、DVD、そして工作と、子ども達も楽しいひとときを過ごして、イースターのお祝いをすることができました。

コンサート、子どもプログラムの後には、参加された皆さんと一緒に大きなケーキをいただきながら、お茶のひととき。

イースターおめでとう!
教会10周年、神様に感謝!
ジョンさんのコンサート、ありがとうございます!

心が感謝と喜びに満ちたイースターでしたd(^^*)

Comments
Denen Blog
    ⇒ これより過去のポストを見る...