Sidebar
Menu
Baptist Church in Kawasaki  Our Blog

Activities, Inspiration, Rambling Notes from Staff

Also take a look at our Facebook page!

Just Checkin' In 大親友の訪問


(Scroll down for English)

ある日の昼頃、牧師は礼拝堂に誰か祈りに来ているかどうか、ちょっと覗いてみようと 思い、礼拝堂の中に入っていきました。ちょうどそのとき、扉が開き、ひとりの男がやってきました。その男の顔には無精髭が伸びているのをみると、牧師は眉をひそめました。彼のシャツは薄汚れており、上着はヨレヨレで擦り切れていました。男はひざまづき、しばらくの間、頭を垂れ、そしてすぐに立ち上がり出ていきました。 その日以来、その男は毎日正午になるときまって礼拝堂に現われました。 そして30秒ほどひざまづくのです、手には弁当箱とおぼしき袋を持って。

「強盗にでも入る隙を狙っているのだろうか?」いぶかしく思った牧師はある時ついに男を呼びとめ、尋ねました。「君、ここで一体何をしているのかい?」彼は教会からやや離れた工場で働いているのでした。30分だけの昼休みを利用して、力と元気を得るために、毎日そこに祈りに来ていたのです。

「ほんのちょっとしかいられないんですがね、なにしろおいらが働いている工場はこの教会からはちょっと離れているもんで。ここにこうしてひざまづいてね、神さんにこんな具合に祈るんでさぁ。『神さん、これが言いたくてまた来ました。あなたがおいらの罪を取り除いてくださって以来、おいらはずーっと嬉しくて仕方がないんですよ。あなたがおいらの大親友になってくださって、すごく嬉しいんです。どうやって祈ったらいいのかあんまりよくわからないんですが、とにかく神さんのこと、毎日思っていますよ。だから、イエスさん、ジムです、顔出しに来ました。』」

いらぬ疑いを持ったことを恥ずかしく思いつつ、牧師はジムにいいました。「そうですか。それは大変素晴しいことですね。これからもいつでも祈りに来て下さい。」

「さぁ、もういかなくちゃ。仕事に遅れちまったら大変だ。」ジムはにっこり笑うと大急ぎでその場を立ち去って行きました。牧師はジムがいつもするように、祭壇の前にそっとひざまづきました。こんなことをするのは初めてでした。彼の冷えていた心はときほぐされ、イエスの愛で満たされていくのがわかりました。頬を涙を伝うのもかまわず、彼は小さな声でジムの祈りを繰り返してみました。 「神様、これが言いたくてまた来ました。あなたが私の罪を取り除いてくださって以来、私はずーっと嬉しくて仕方がないのですよ。あなたが私の大親友になってくださって、すごく嬉しいのです。どうやって祈ったらいいのかあんまりよくわからないのですが、とにかく神様のこと、毎日思っています。だから、イエス様、私です、顔を出しに来ました。」

ある日の午後、牧師はまだジムがその日は来ていないことに気付きました。 そしてジムが現われない日は何日も続きました。 心配した牧師がついに工場へ行きジムのことを尋ねると、ジムは病気で入院していたのです。病院では医者や看護婦たちがジムのことを噂していました。彼には花はおろか、電話一本、カードの一通も送られてこない、見舞客も一人も来ない、それなのに、ジムはいつも笑顔で喜び一杯なのです。しかも彼の喜びは回りにいる人達にも伝染して、ジムが入院して以来、その病棟の 雰囲気が一転してしまったのです。病院にかけつけた牧師は、ベッドに横たわっているジムのかたわらに立ち、言いました。「看護婦さんたちは皆んな不思議がっていますよ。付き添いも見舞いも全然ないのに あなたがいつも嬉しそうにニコニコしているから。」

「看護婦さんたちは間違えているんでさぁ!まぁわからないのも無理はないですがね。毎日、昼になるとね、あの方が来て下さるんですよ。おいらの大親友のあの方が。牧師さんならわかるでしょう?あの方がね、ほらここ、ここんとこに座って、おいらの手を握ってね、こういうふうに言ってくれるんですよ。

『ジム、これが言いたくてまた来ましたよ。私があなたの罪を取り除いて以来、私はずーっと嬉しくて仕方がないんですよ。 私はあなたの大親友になってすごく嬉しいんです。私はあなたが祈るのを聞くのが大好きです。 とにかくあなたのこと、毎日思っていますよ。   だから、ジム、イエスです、顔を出しに来ました。』」

(百万人の福音2006年イースター号掲載)

A minister passing through his church in the middle of the day,
Decided to pause by the altar and see who had come to pray.

Just then the back door opened, a man came down the aisle,
The minister frowned as he saw the man hadn't shaved in a while.

His shirt was kinda shabby and his coat was worn and frayed.
The man knelt, he bowed his head, then rose and walked away.

In the days that followed, each noon time - came this chap,
Each time he knelt just for a moment, a lunch pail in his lap.

Well, the minister's suspicions grew, with robbery a main fear,
He decided to stop the man and ask him, "What are you doing here?"

The old man said, he worked down the road - Lunch was half an hour.
Lunchtime was his prayer time, for finding faith, strength and power.

"I stay only moments, see, the factory is so far away;
As I kneel here talking to the Lord, this is kinda what I say:

"I just came again to tell you Lord, how happy I have been,
Since we found each other's friendship and you took away my sin.

Don't know much of how to pray, but I think about you everyday.
So, Jesus, this is Jim - just checking in."

The minister feeling foolish, told Jim that was fine.
He told the man he was welcome to come and pray anytime.

"Time to go", Jim smiled, and said "thanks" as he hurried to the door.
The minister knelt at the alter, he'd never done that before.

His cold heart melted, warmed with love, and met with Jesus there.
As the tears flowed, in his heart, he repeated old Jim's prayer:

"I just came again to tell you Lord, how happy I have been,
Since we found each other's friendship and you took away my sin.

Don't know much of how to pray, but I think about you everyday.
So, Jesus, This is me - just checking in."

Past noon one day, the minister noticed that old Jim had not come.
As more days passed with no sign of Jim, he began to worry some.

At the factory, he asked about him, learning he was ill.
The hospital staff was worried, but Jim had given them a thrill.

The week that Jim was with them, he brought changes in the ward.
His smiles, a joy contagious - changed people, were his reward.

The head nurse couldn't understand why Jim was so glad,
When no flowers, calls or cards came, not a visitor he had.

The minister stayed by Jim's bed, he voiced the nurse's concern.
No friends came to show they cared, he had nowhere to turn.

Looking surprised, old Jim spoke up and with a winsome smile -
"The nurse is wrong, she couldn't know, that in here all the while,

Everyday at noon - He's here, a dear friend of mine, you see,
He sits right down, takes my hand, leans over and says to me:

"I JUST CAME AGAIN TO TELL YOU, JIM, HOW HAPPY I HAVE BEEN, SINCE WE FOUND THIS WONDERFUL FRIENDSHIP, AND I TOOK AWAY YOUR SIN. I ALWAYS LOVE TO HEAR YOU PRAY, AND I THINK ABOUT YOU EVERY DAY, AND SO JIM, THIS IS JESUS ... CHECKING IN."
Comments
Denen Blog
    ⇒ これより過去のポストを見る...