Sidebar
Menu
Baptist Church in Kawasaki  Our Blog

Activities, Inspiration, Rambling Notes from Staff

Also take a look at our Facebook page!

Twice Mine 君は僕のもの

(Scroll down for English)

小さな船を手にもって「これは僕のものだ。僕が作ったんだ。」と言った少年は、大きな失望を味わわなければなりませんでした。ある日、少年は船を持って湖のほとりに息、澄んだ青い水の上にその船を浮かべました。その小さな船は、静かによどむ水の上に浮かびましたが、突然突風が吹いて、少年が持っていた紐を奪い去り、少しずつ遠く、最後は見えなくなるまで、その船は流れて行きました。少年は大切なものを失い、悲しみの中で家に帰りました。

数ヶ月が過ぎたある日、少年がおもちゃ屋を通り過ぎると、何かが彼の注意を惹きました。そんなはずはない、いや、本当なのか?もっと近づいて見てみました。そうです。陳列棚にあるのは、その少年の小さな船でした。あまりにも嬉しくて、少年は店の中に飛んで行き、主人に陳列されている船のことを話しました。それは本当にその少年のものでした。「悪いがね。」と店の主人は言いました。「今はもう、俺のものなんだ。君が自分のものにしたいなら、買ってもらわないとね。」少年はその店を出ました。そして、その船をもう一度取り戻す決心をしました。

ついに、その日が来ました。少年は店の中に入って、苦労して貯めたお金を計算台の上に置きました。「僕の船を買いに来たんです。」店員はお金を計算しました。そして、その船を取って少年に渡してくれました。その船を胸に抱いた少年の顔は微笑みで明るくなりました。「君は僕のものだよ。」と彼は言いました。「2回僕のものになったんだ。僕が君を作ったから僕のもの。今は僕が君を買ったから、僕のものなんだよ。」

この少年が、自分の船について抱いていた思いは、天の父なる神様があなたに対して抱いている思いと似ています。聖書には、「主が、私たちを造られた(詩篇100:3)。」と書いてあります。このみことばは、別の箇所では「あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。(第1コリント6:20)」と説明されています。また別の箇所では、神様が私たちを買い取るために払った代価は「傷もなく汚れもない小羊のようなキリストの、尊い血(第1ペテロ1:19)」であると教えています。これらのみことばは、少年が買い取った船に向かって言った言葉のように、神様が私たちに向かって「お前はわたしのものだよ。お前は2回、わたしのものになったのだ。一度目はわたしがお前を造った時。そして2回目は、わたしがお前を買い戻した時にね。」

Our relationship with our Father God is like the story of a boy who spent many days making himself a sailboat. When the boat was finished, he took it down to the stream to see if it would sail. Proudly he walked along the river bank as his little craft glided erect on the rippling waters – its white sail curved in the summer breeze. But to his distress the ship soon headed out into the middle of the stream, too far for him to reach. Further and further it sailed until gradually it disappeared from sight. It was a heartbroken lad who returned home that evening.

Weeks later he saw his sailboat in a pawnshop window, the very boat which he had made and rigged and painted with such meticulous care! He asked the operator of the pawnshop if he could have the boat back, but his heart sank when the man replied: “Only if you pay the price that is marked on its tag.”

For weeks the lad worked to earn the price of the boat. Finally, with money in hand he returned to the shop, placed the money on the counter, and said, “Please, Sir, I'd like to have my boat.” As he left the store with the boat in hand, he looked at it with the feeling of pride, joy, and affection which little boys lavish on the creations of their own hands, and said: “You're mine, little boat, mine twice-over. Once because I made you. Twice because I bought you.”

Like most analogies go, the story is imperfect – but the way that little boy felt about his boat is similar to the way God feels about you and me. The Bible tells us: “It is He who made us, and we are His” (Ps.100:3). It tells us further: “You were bought with a price” (1Co.6:20). And it even tells us the price that was paid to buy us back: “You were redeemed with the precious blood of Christ” (1Pt.1:19). It is as if He says to us much like the boy said to his boat: “You are mine, little one. You're mine twice over. Once because I made you; twice because I bought you.”
Comments
Denen Blog
    ⇒ これより過去のポストを見る...