Sidebar
Menu
Baptist Church in Kawasaki  Our Blog

アクティビティーの紹介、信仰のお話、教会スタッフのおたより
* 私たち教会のFacebookページもご覧ください。

防災/減災セミナー Disaster Prep Seminar

(English follows below)

7/19の礼拝は、CRASHジャパンのスタッフ、栗原先生が来てご奉仕くださいました。そして、日曜学校の時間に「防災セミナー(1)」、礼拝のメッセージ、午後から「防災セミナー(2)」の3回、みことばを通し、また防災の観点からのお話を聞くことができました。

東日本大震災、その後、関東〜東海地方での地震や火山活動が活発になっています。震源地が遠い場合、また首都直下型地震の場合、首都圏の受ける災害の大きさや種類は違ってくるでしょう。そのようなことを、いろいろな角度から具体的に教えていただきました。「災害に対する備え」の重要性を実感すると共に、「実行」するための知恵、忍耐、力を受ける祈りが必要だと思います。

<普段からの心がけ>
*想像力を働かせること。
*日常的にやっていることでなければ、非常時にできるわけがない。
*「歩ける距離」で、「顔の見える」防災コミュニティーを建て上げること。

<クリスチャン/教会としての心構え>
*自分が助かるのは、隣人を助けるため。
 →被災すると、普段では考えられないことが起こってくるので、とにかくまず自分を守るという意識、そしてそれを隣人を助けるために用いていく、という意識が大事。
*近くの教会とのネットワーク作り
 →1つの今日教会だけではできないことも、ネットワークの中で可能になってくる。

この他にもたくさん学びましたが、「普段から」の備えと祈りを大切に、また継続していきたいと思います。

災害時の被害をゼロにすることは無理です。でも、被害をより少なく、より小さくする工夫と備えは可能です。教会と、教会の置かれているコミュニティーを守り、仕えるために、どのようなことができるか、何をすべきか…。大きな祈りであり、課題です。

私たちを守ってくださる力のある神様に信頼すると共に、私たちができることを考え、その備えをすること。本当に大切な2つのポイントです。

栗原先生、丁寧な説明、またたくさんの良い気づきを与えてくださって、ありがとうございました。

Today we welcomed Kurihara-sensei of CRASH Japan and Campus Crusade for a seminar on disaster readiness. The 311 tragedy and recent volcanic activity in Japan has made us more aware of the need to be prepared for an earthquake/tsunami event that could affect large parts of Kanto.

Completely avoiding a disaster may be impossible, but it is good to consider how to reduce the size of the disaster in its affects on human lives through good preparation. Also, how we might serve both our church and community in the wake of a disaster.

Ultimately, we trust in the Lord for life and wellbeing, but we also prepare where we can. Thank you, Kurihara-sensei, for your good advice today.
Denen Blog

Hooper Gospel Workshop フーパーゴスペル講習会

グレゴリー & ルース フーパー夫妻

毎回ご好評いただいているゴスペル特別講習会(春学期、秋学期に1回ずつ)♪今回の講師は、グレゴリー&ルース・フーパー師ご夫妻でした。いつもレイ・シドニー師に講習を受けてきて、だいたい様子がわかっていましたが、今回はお互いまったく初めてなので、ちょっとドキドキしながらお迎えしました…。

雨降りにもかかわらず、たくさんの方々が集まってくださり、和気あいあいと講習が始まりました。そして、フーパー師ご夫妻の「夫婦」としてのすばらしいチームワーク、証と賛美に感動し、あっという間に緊張もとけ、本当にすばらしい講習の時となりました!合同コンサートで、またご一緒にステージに立って歌うことが本当に楽しみです。

いつもこの講習会で教えてくださるレイ・シドニー師は、今回スケジュールの都合でおいでいただくことができませんでしたが、神様はすばらしいプレゼントを与えてくださり、6/2の礼拝とグレース・カフェで、レイ師の特別賛美と証を聴くことができました。その様子は(こちら)でお読みください。レイ師が来てくださり、その後フーパー師ご夫妻が来てくださって、本当に恵みの雨が降り注いだようでした。神様に感謝します。

6/15の合同コンサート、また6/23の田園グレースチャペルでのミニコンサートにも、どうぞおいでください。お待ちしています。

Thanks to Gregory and Ruth Hooper for a great gospel workshop on June 11! Your energy, testimonies, and special numbers really made for a great time together!
Denen Blog

The Ray Who "Goes" 行って仕えるレイさん

(Scroll down for English)

「私は、ゴスペルを歌う為に日本に来たのではありません。」レイさんは、こう言われました。そして私たちは、その言葉が真実であることを、2日の日曜日の礼拝で実感しました。レイさんを私たちの教会の礼拝にゲストとしてお迎えできたことは、本当にすばらしいことでした。しかしレイさんは体調が優れず、風邪の為に、ほとんど声が出なかったのです。

レイさんは、証の中で、「もし私がゴスペルを歌う為だけに、日本に来たのだったら、こんな風に体調を崩して声が出ない時、どうすればいいでしょうか?しかし私は、私に『行って、わたしに仕えなさい』と言われた神様に従う為に来たのです。」と言われました。

そして体調が悪く、声も出ない中にあっても、11時からの礼拝で特別賛美、その後、短時間のゴスペル講習をして、午後3時からのGrace CAFEでも賛美と証の奉仕をしてくださいました。それは神様だけにご栄光を帰するために歌われた、すばらしい彼の信仰による真の賛美でした。

体調の悪い中、こうして私たちの教会に来て、信仰の証と賛美によって神様の祝福を分かち合ってくださったレイさん、本当にありがとうございました。体調が守られ、これからの御奉仕が祝されて用いられますよう、お祈りしています。

"I didn't come to Japan to sing gospel." Ray Sidney says. We found out that was true this past Sunday. It was a joy to welcome Ray as a special guest singer. But we were sorry that he was suffering from a bad head cold and had nearly lost his voice.

Ray added, "If I came only to sing, then what should I do at times like this? I came to obey God who told me 'go and serve.'"

In spite of his cold, Ray sang a number of songs for both our 11am Morning Service and 3pm English CAFE. He also gave us a taste of a gospel workshop with a 20-minute mini workshop after the service.

Thanks, Ray, in spite of your physical limitations for coming to minister to us!
Denen Blog

Ray Sidney Gospel 特別ワークショップ

(Scroll down for English)

毎回大好評の、レイ・シドニー氏のゴスペル特別講習会が、11月29日(火)午後7時より、糀ホール地下集会室で開催されました♪参加者は約20名。今回もすばらしい講習の時となりました。

シドニー氏は11月〜12月に来日し、チャリティー・コンサートの出演、ゴスペル講習会での指導などを勢力的に行なっています。今回の講習会では「Thank you, Jesus(イエス様、ありがとう)」という曲を教えてくださいました。そして最後は、「How Great is our God(私たちの神様は、なんとすばらしいお方でしょう)」という曲で締めくくりました。

神様を愛し、音楽を愛し、そして日本を愛して、忠実に、誠実に仕えてくださるシドニー氏に、いつもながら尊敬と感謝の思いがわき上がります。毎回、楽しくすばらしい講習会を導いてくださって、ありがとうございます。参加してくださった皆さんも、ありがとうございました。12/10日の合同コンサート(@ルネ小平)も楽しみです。

Ray Sidney is visiting Japan again this November and December, performing a number of special charity concerts and workshops. Ray shared his talent with us in a special gospel music workshop 11/29, teaching a song entitled, "Thank you, Jesus." He ended the time with a moving rendition of "How Great is our God." Thank you, Ray, for your ministry and love for Japan.
Denen Blog

Phil Waters Visit ウォータース師の訪問

 (Scroll down for English)

10月23日の日曜は、田園グレースチャペルにとって特別な日曜となりました。ウォータース先生(写真)が、被災地ボランティア・チームの方々と一緒に訪ねてくださり、一緒に礼拝をささげることができたのです!

「ウォーターズ先生って、どなた?」と思われる方も多いと思います。1980年代後半に、日本に宣教師として遣わされ、ケビン先生と同じ宣教団で働かれていました。でも奥さまが体調を崩してアメリカに帰国せざるをえなくなり、その後、ロサンジェルス近郊に住む日本人の方々への伝道の仕事をされるようになりました。

その時、家庭集会や日本人教会でお世話になった人達の中に、田園グレースチャペルのメンバー達がいたのです。その後、それぞれ日本に戻りましたが、首都圏に住むようになった人達で、アメリカで与えられていたつながりを継続し、家庭集会を始めました。その集まりにヒューレット先生、ケビン先生達が加えられ、それが田園グレースチャペルの核となり、教会のスタート(2002年4月開所式)につながったのです。田園グレースチャペルが「教会」として始まる前から、神様によって、その大切なスタートの為に大いに用いられたウォータース先生。その先生が、今回このような形で田園グレースチャペルに来てくださったことは、お世話になった教会メンバーはもちろん、教会設立後、次々に神様が導き加えてくださったメンバー達にも、神様の導きのすばらしさと、教会の歴史を知り、確認することができ、本当にすばらしい祝福となりました。ウォータース先生の礼拝メッセージは、こちら(click here)から聴くことができます。

ウォータース先生とボランティアチームの皆さんは、月曜の朝、岩手県に出発し、宮古/田老地区でのボランティア活動に参加されました。日本での宣教師としての働きが閉ざされた時は、先生ご家族はもちろん、お別れしなければならずに寂しい思いをした人達がいっぱいいました。でも神様には別の計画があり、アメリカで日本人伝道に励んでくださって、そこで救われたり、求道を始めたりした方々が日本に戻り、今、新しい教会を建てる働きに用いられているのです。神様の計画は、平安と希望を与える為のものだということを痛感し、本当に神様の導きに従い、今はすべてがわからなくても、最善の目的と計画のプロセスに入れられていることを信じて、今日のこの日、一歩一歩、イエス様と共に歩んでいきたいと思います。また、それが将来どんなふうに神様に感謝し、ほめたたえることになるのか、それも楽しみです。

神様、ウォータース先生、そしてボランティア・チームとして来てくださった皆さん、ありがとうございます!

Visitors from the southern California this past Sunday included Pastor Phil Waters. As many know, Phil is an important part of Denen Grace Chapel's history. 

Phil was involved in church planting here in Japan for many years before needing to return to the States because of his wife, Sharon's, health needs. Resettling in California he continued in Japanese ministry and church planting work with Mission Door. Three Japanese wives living in the area became a part of this church work. When the ladies returned to Japan with their families, they continued to gather regularly for Bible study and fellowship and reach out to other ladies with similar overseas experiences. 

Several years later these ladies would become the core of a new church work in Kawasaki, our own Denen Grace Chapel, under missionaries Kevin and Kaori Laverman. This past Sunday at Denen was a kind of reunion for many that had known Pastor Phil while in the States. He gave a great message (click here) on faithful and unfaithful servanthood.

Phil brought a team of seventeen people from the States to volunteer in relief work in Miyako and Taro in Iwate-ken. Five of them joined us for our worship service. Thank you, Phil, for your love for Japan and Japanese people and your continued impact in the life of our church.
Denen Blog

The Skippers Visit スキッパーご夫妻の来会

(Scroll down for English)

9月11日、スキッパー・デイブ&ヘイディ宣教師ご夫妻と、1人娘のキーラちゃんが、田園グレースチャペルに来てくださいました。ご家族は、ケビン先生、ヒューレット先生、テイラー先生方と同じ、JBF宣教団に所属しています。お二人とも音楽の賜物があり、音楽を用いて宣教活動をしておられます。

11日の礼拝では、ワーシップ・チームと一緒に、ヘイディーさんがすばらしいバイオリンの演奏で奏楽に加わり、またバイオリン独奏の特別賛美もしてくださいました。ヘイディーさんは、テイラー先生のゴスペルの活動にも参加し、子どもの為のゴスペルクワイヤの指導もしています。

デイブさんの音楽の賜物は、電子音楽、デジタルサウンドによる「ノイズ」。ヘイディーさんのクラシック音楽とは全く違ったスタイルの音楽です。その感性や感情表現の豊かさは、また違った豊かさや味わいがあり、興味深いものです。スキッパー師ご家族が、また田園グレースチャペルに来てくださる時を、楽しみにしています!

スキッパー師ご夫妻の活動について興味のある方は、こちらをご覧ください。

Dave and Heidi (& Kira) Skipper, Japan Baptist Fellowship missionaries, visited with us this past Sunday 9/11. Heidi is an accomplished violinist and accompanied Kaori Laverman during our morning service. The duet of piano and violin contributed greatly to the beauty and depth of our worship time. We were also blessed by the special number she play, a Bach Partita. Heidi is also helping get kids gospel music choirs started together with help from Ken Taylor.

After the service Dave introduced his own music talent. Electronic and digital sounds put together for a genre known as "noise". His music ability is a strong counterpart to Heidi's classic style, but none the less amazing in its own richness and emotional movement. He is playing in a number of venues in Tokyo.

If you are interested in getting to know more about the Skippers' work in Japan, drop them an email sometime here.
Denen Blog
    ⇒ これより過去のポストを見る...