Sidebar
Menu
Baptist Church in Kawasaki  Our Blog

アクティビティーの紹介、信仰のお話、教会スタッフのおたより
* 私たち教会のFacebookページもご覧ください。

Easter 2012 イースター

Happy Easter!

教会で、またクリスチャン同士で、復活祭には「イースターおめでとう!」とあいさつをします。何がおめでたいのでしょう?もちろんその名の通り、金曜日に十字架の上で私達の罪の身代わりとなって死んでくださったイエス様が、復活祭(イースター)の日曜日に墓からよみがえり、救いのみわざをなしとげてくださったからです。教会と言えば「クリスマス」の印象が強い感じですが、「イースター」こそ、私達の信仰の基となるできごとであり、「イースター」があるから、私達を罪から救う救い主となる為、人間の赤ちゃんとなって生まれてくださったイエス様のお誕生日をお祝いする「クリスマス」が、なおさら嬉しく感謝な時となるのです。

さて、今年のイースターは、教会設立10周年記念のお祝いも重なり、田園グレースチャペルにとっては本当に記念すべき時となりました。そして、震災から丸1年たったということもあり、ゴスペル・アーティストの「ジョン・ルーカス・バレット」さんをお迎えして「イースター・チャリティー・コンサート」を行なうことにしました。

ジョンさんは、午前中のイースター礼拝から来てくださって、礼拝の中でも特別賛美をしてくださいました。「Because He lives」(日本名:「主は今生きておられる」)イエス様がよみがえってくださったから、私達は生きていくことができる。そして将来を希望をもって待ち望むことができる。明日も生きよう。主がおられるから。…すばらしい歌声と、救い主イエス様への信仰によって歌われたこの賛美は、本当に聴く者に「アーメン!(その通りです!)」と信仰を奮い立たせ、神様への信頼と主にある希望へと導いてくださいました。

午後からのコンサートも大にぎわい♪たくさんの方が集まってくださり、大盛会となりました。その中で、ジョンさんの信仰の話、被災地での活動などなど、興味深く感動的なお話と、すばらしい歌声、またみんなと一緒に歌うプログラムなど盛りだくさんで、参加された方々は皆さん声をそろえて「とっても良かった」「楽しかった」「すばらしかった!」と大感激のご様子。そしてジョンさんの輝く笑顔、優しく親しみやすいお人柄から、イエス様への深い信仰と感謝を感じとられたことでしょう。


ところでイースターには毎年、「イースターこども会」が行なわれています。今年はちょっと趣を変え、ジョンさんのコンサートの時と平行して、いつもの年よりは小規模に、でも楽しさいっぱいの「子どもプログラム」を行ないました。

今年のメダマは「イースター・エッグ・ラッピング」!ゆで卵にイースターの絵が描いてあるラッピングをかぶせて、沸騰直後のお湯につけると、あら不思議!ピタッと卵に巻き付いて、すてきなイースター・エッグのできあがり。いつものように、プログラムの中で作った工作と一緒に家に持ち帰ってもらいました。

イースターのお話(絵本)、DVD、そして工作と、子ども達も楽しいひとときを過ごして、イースターのお祝いをすることができました。

コンサート、子どもプログラムの後には、参加された皆さんと一緒に大きなケーキをいただきながら、お茶のひととき。

イースターおめでとう!
教会10周年、神様に感謝!
ジョンさんのコンサート、ありがとうございます!

心が感謝と喜びに満ちたイースターでしたd(^^*)

Denen Blog

Charity Concert 竹下静さん、チャリティーコンサート


(Scroll down for English)

11月20日、午後2時よりチャリティーコンサートが行なわれました。ゲストは竹下力さん&静さんご夫妻。お二人は、田園グレースチャペルが教会としての活動を始めた、本当に最初の頃から教会に深く関わり、いろいろな面で助け、祈り、励ましてくださいました。教会にとっての大切な信仰の友であり、いつもは離れているけれど、私たちの教会の家族の一員といえる尊い方達です。

さて、静さんがグレースチャペルに来られて賛美の奉仕をしてくださるのは、何年ぶりだったかな…というくらい、前回教会に来られてから、あっと言う間に長い月日がたっていました。お互いにびっくりしたほどです。でもそこは主にある兄弟姉妹。久しぶりの再会に喜びつつ、一緒に礼拝をささげ、午後からのチャリティーコンサートがスタートしました。

曲目は、シンガーソングライターでもある静さんのオリジナルの曲、昔から歌い継がれている聖歌から数曲…と、バラエティーに富み、静さんのアレンジによりさらに豊かな響きになった賛美、そして静さんのすばらしい歌声に魅了され、癒されました!曲と曲の合間のお話(証)、そして力さんがお話しくださった、お二人の被災地でのボランティア活動の報告など、本当に中身の濃い、すばらしいコンサートでした。被災地での写真も数枚見せていただいての報告でしたが、まだまだ大変な様子と状況にある被災地の方々を覚え、これからも長期間にわたる支援、そして祈りが必要であることを痛感しました。

コンサートでの有志による義援金、そして静さんのCDの売り上げなど、次回、被災地ボランティアに行かれる時に持っていってくださるとのこと。そして「川崎にある『田園グレースチャペルの皆さんからです』と報告できるように」と、最後はみんな一緒に記念撮影。竹下さんご夫妻を通して行なわれていく支援の中に、田園グレースチャペルからの支援と祈りも加えていただき、本当に感謝です。そして教会として、これからもいろいろな形で、いろいろな時に、支援の働きを続けていきたいと思っています。

竹下さんご夫妻の礼拝メッセージ、賛美の御奉仕、そしてコンサートや交わり、とてもすばらしい時となりました。このような時を導いてくださった神様に感謝します。また来てくださる時を楽しみに、お二人の働きの祝福の為に祈っています!

We had a charity concert for the Tohoku victims this past Sunday, November 20. Our special musician guest was Shizu Takeshita. The Takeshitas have been a part of our church fabric and ministry from the early days (2003) of the church. We regard them as our own church family.

Chikara Takeshita shared a great message in the morning service about Nehemiah's rebuilding of the Jerusalem walls, building parallels with the challenge that Japan faces as it rebuilds Tohoku, and we face as believers as we recover from personal catastrophes in life.

In the afternoon, Shizu shared her music and voice talent with us. Shizu is an accomplished singer and songwriter. She shared a number of well known hymns, and many original pieces. Her voice and words brought us great healing and comfort from God. Chikara also shared briefly between songs of their volunteer work as a couple in the Tohoku affected areas with small local churches. We sensed the need to continue to pray and support the work of many volunteers, and also were challenged to go again ourselves.

The proceeds from the concert CD sales and freewill offering to toward the relief effort in Tohoku through the Takeshitas in the name of Denen Grace Chapel and our Lord Jesus.
Denen Blog

Summer Family Concert ファミリーコンサート

(Scroll down for English)

今年のファミリーコンサートには、クリスチャンのサックス奏者、成宮雄三さんがきてくださいました。ジャズ、子ども達がよく知っている曲(大人の為には「ルパン三世」のテーマ曲も!)、そして讃美歌のアレンジなど、幅広いジャンルの曲目を演奏してくださいました。特に子供達の為には、一人一人に向けてサックスの演奏をしてくださったり、お父さんとしてのあたたかさを感じる演奏に、子供達大喜び!また、ソプラノ、アルト、テナーの3種類のサックスを使いわけて演奏されたり、一つの音をなが〜く吹き続ける高度なテクニックを披露してくださったり、サックスの奥深さを味わうことのできるプログラムに、一同びっくり!&感激でした。詩篇150:6「息のあるものはみな、主をほめたたえよ。ハレルヤ。」を思い出しました。どんなふうにすれば、あんなに長く息がつづくのかわかりませんが、神様が本当に成宮さんを祝福し、音楽の賜物を用いて、神様を賛美するように導いてくださっていることがよくわかりました。教会でもよく賛美する「鹿のように」は、特に心に響きました。本当に、子どもから大人まで、みんなが楽しみ、心が豊かにされるすばらしいコンサートでした。成宮さん、ありがとうございました!
コンサートの後は、みんなでかき氷大会!これまた、子どもから大人までみんな一緒に、さまざまな味のかき氷を楽しみました。8月としては一番気温の低い日曜日でしたが、糀ホール地下集会室は熱気むんむんで、つめた〜いかき氷を何度もおかわりするほど。楽しい楽しいファミリーコンサートでした。すてきな時を与えてくださった神様に感謝!今回来れなかった皆様、次回はぜひいらしてくださいね ♪  
For this year's summer concert we invited Narumiya-san to share his saxophone talent with us. It was a lot of fun to hear the variety of saxophones he used, each with its own distinctive sound. He surprised us by sustaining a single note for a couple minutes. Psalm 150:6 encourages, "Let everything that has breath praise the Lord." I'm not sure how one has breath for that kind of praise, but God surely has blessed this man with great ability. The kids really enjoyed the concert, too, sneaking up repeatedly to the front row to get a better view of things. After the concert we enjoy a summer treat: shaved ice, of course, in four flavors. Ironically, it was the chilliest day in an otherwise hot, hot August. Those hand crank machines really got a workout. Everyone went home with tongues of different color. Thanks everyone for a great afternoon!
Denen Blog
    ⇒ これより過去のポストを見る...