Sidebar
Menu
Baptist Church in Kawasaki  Our Blog

アクティビティーの紹介、信仰のお話、教会スタッフのおたより
* 私たち教会のFacebookページもご覧ください。

Why I Was Born 私は何のために生まれたのか

神は言われる。
わたしは裸で生まれた
 
なたが自我を脱ぎ捨てるために。

わたしは貧者に生まれた

あなたがわたしを唯一の富と見なすために

わたしは馬小屋で生まれた

あなたがどんな場所をも聖とするために

神は言われる。
わたしは弱者に生まれた
あなたがわたしを怖がらないように

わたしは愛のために生まれた
あなたがわたしの愛を疑わないように

わたしは夜中に生まれた
わたしがどんな現実でも照らせることを

あなたに知ってもらうために

神は言われる。
わたしは人間として生まれた
あなたが神の子となるために

わたしは被害者に生まれた
あなたが困難を受け入れるために

わたしは質素な者に生まれた

あなたが装飾を捨てるために
神は言われる。わたしはあなたの中に生まれた

あなたをとおしあなたと共に
すべての人を父の家に連れていくために。

I was born naked, Jesus says,

So that you would know how to be stripped of yourself.

I was born poor,

so that you would consider me your only treasure.

I was born in a stable

So that you would learn how to sanctify every environment.


I was born weak, Jesus says

So that you would have no fear of me.

I was born for love

So that you would never doubt my love.

I was born in the night

So that you may believe that I am able to enlighten every reality.


I was born a human, Jesus says,

So that you would never be embarrassed to be yourself.

I was born human

So that you would be able to be divine.

I was born persecuted

So that you would be able to accept difficulties.

I was born in simplicity
so that you would stop being complicated.


I was born in your life, Jesus says,

In order to bring all into my Father’s house!

- written by Lambert Noben
Denen Blog

JOIN クリスマス Concert

(Scroll down for English)

12月9日、午後2時より、私たちの大好きな「JOIN」の上野ご夫妻が、田園グレースでは3度目となる「JOIN ファミリー・コンサート」をしてくださいました。有さんの親しみやすく楽しいトーク、そしてとてもわかりやすいお話、また直子さんのすばらしい歌、フルートの演奏と、恵みにあふれた証に、その場にいたみんなが心癒され、心から楽しむことができました。また子供達(大きい子供達も?)が大好きなパペットショーも、毎回グレードアップして、内容もさらに充実し、クリスマスのお話がよくわかり「救い主イエス様のお誕生、おめでとうございます。そして赤ちゃんイエス様というすばらしい贈り物をありがとうございます。」という気持ちになりました。

JOINは、被災地でもコンサートをしてボランティアの奉仕をされているそうです。きっと被災地の皆さんに、イエス様の恵みに満ちた音楽と、愛と希望に満ちたひとときを提供していることと思います。ますます神様に用いられますよう、祈っていきたいと思います。

来会3回目ともなると、コンサートのゲスト、という以上に、「神様の家族の再会と交わり」のひとときとなります。お互いに親しみが増しているので、会場後ろでは「バックダンサー」が出現?!ステージの方を見ていた聴衆の皆さんにはわからなかったでしょうが、ステージの上野さん達からは丸見え〜。でもそれが、ますます音楽にのって、さらに楽しんで演奏する助けとなったそうで、まさに演奏者と会場が一体となった、すてきに楽しいコンサートとなりました。神様とJOINのお二人に心から感謝します!

またおいでいただく日を心待ちにし、JOINの働きに祝福を祈りつつ、アドベントの歩みは、さらにクリスマスに近づいていきます・・・♪

JOIN (Naoko and Yuu Ueno) performed a special family concert for us this past Sunday. All of the kids really enjoyed the puppet show Christmas musical and the birth of Christ, so visually clever with its computer graphic backgrounds. Naoko's flute and testimony was also a great encouragement. And Yuu's humor and accompaniment on the keyboard was, as always, a great way to celebrate this season. Thank you, Ueno family!  (see JOIN's homepage)
Denen Blog

Christmas Caroling クリスマス・キャロリング

(Scroll down for English)

11日の礼拝後、田園グレースチャペルの14人のメンバーが、二つの老人ホームを訪問し、クリスマスの讃美歌を歌う「キャロリング」を行なってきました。訪問したのは、川崎市高津区にある特養老人ホーム「すえなが」と、横浜市青葉区にある「フローレンスケア美しが丘」です。

入居者の皆さんは、私たちのキャロリングをとても喜んでくださって、手をたたいたり、すばらしい笑顔をもって、一緒に讃美歌を口ずさんでくださったり、大歓迎してくださいました。準備していたプログラムを終えると、ある方が「もっと聴きたい!」と言ってくださったので、予定外でしたが「アンコール」として、クリスマスになると教会の礼拝で歌うワーシップソングの「いと高きところに」も歌わせていただきました。この歌詞は、新約聖書ルカの福音書2章14節にある「いと高きところに栄光が、神にあるように。地には平和が、みこころにかなう人々にあるように。」というみことばを歌ったものです。

クリスマスに、讃美歌を歌い、聖書のみことばをお伝えすることによって、入居者の皆さんがクリスマスの楽しいお祝いができ、喜んでいただければ…と思って、いつもお伺いしていますが、それ以上に、皆さんの笑顔、喜んでくださる姿、そしてあたたかい歓迎と励ましに、涙が出るほどの感動を覚え、神様からの祝福をたくさんいただいて帰ってきます。今年も、神様のみわざがなされ、豊かな祝福を共にいただき、喜びに満ちたキャロリングの時となりました。神様、また迎えてくださった皆様、ありがとうございました。クリスマスの喜びと平和が、神様の恵みの御手によって豊かに注がれますよう、心からお祈りいたします。

Fourteen of us from Denen Grace went caroling last Sunday afternoon to two retirement homes, one in Suenaga (Mizonokuchi), and another in Utsukushigaoka (Yokohama). The residents enthusiastically clapped, smiled, and moved their mouths in unison to the Christmas carols. When we finished our selection of songs, one resident said, "Oh, I wanted to hear one more." So, we sang an impromptu encore of "Itotakaki" (the word of Luke 2:14). It was great to bring a bit of Christmas joy to these wonderful people.
Denen Blog
    ⇒ これより過去のポストを見る...